目頭切開ラインが不自然にならないテクニック

離れ目が気になる人や目をなるべく大きく見せたい人にとって切開ラインは大切なポイントです。でもギャルや10代向けの雑誌に載っているような、黒のアイライナーで目頭をはみ出して書くような切開ラインにしてしまうと派手な印象を与えてしまったり、失敗すると汚く不自然に見えてしまいます。 まず1つ目のポイントとして、切開ラインは黒のアイライナーで書かない事です。茶色でもいいですができれば赤っぽい色があると良いです。筆者が実際に使用しているのはラブライナー・リキッドアイライナーのR2です。バーガンディブラウンで、一見浮いて見えそうですが実際に肌に書くと馴染みがよく使い勝手もいいです。ラブライナーでなくても赤が強いブラウン系のものを選ぶことをおすすめします。これは切開ラインを「ライン」としてではなく「粘膜」のように見せるためのひと手間です。 そして2つ目のポイントとして、蒙古襞にはみ出してラインを書かないことです。少し前までの切開ラインといえば上瞼の延長線上の蒙古襞にラインを足す方法が多く紹介されていましたが、最近は下瞼の目頭に粘膜を足すように赤っぽい色を置くのが流行っています。蒙古襞でほんの少し隠れている下瞼の付け根から1~2mmくらい赤っぽいラインを足しましょう。 こうすることで粘膜の範囲が少し広く見えるため「あからさまに切開ライン書いてる顔」から脱出し、自然で可愛らしい目元に仕上げることができます。